【最新情報】特定技能の目標・上限人数【現在の許可人数も掲載中】

特定技能の人数在留資格「特定技能」

特定技能制度に関係する色々な人数を掲載しています。記事内では以下の4つの人数を掲載しています。

  • 5年間の受け入れ目標人数
  • 企業が受け入れできる上限人数
  • 職種別の現在の許可人数
  • 国別の現在の許可人数

許可人数については最新情報に随時更新していますので参考にしてください。

スポンサーリンク

特定技能の目標人数

特定技能は2019年4月にスタートした在留資格です。

当初の予定では5年間で34万人の外国人労働者を受け入れ目標にしていましたが、初年度は特定技能試験の遅れから、2020年度は新型コロナウイルスの影響から受け入れが思うように進んでいない現状です。

※2019年からの5年間で受け入れる特定技能外国人の最大人数は以下の通りです。

職種5年間の目標人数
介護60,000人
ビルクリーニング37,000人
素形材産業21,500人
産業機械製造業5,250人
電気・電子情報関連産業4,700人
建設40,000人
造船・舶用工業13,000人
自動車整備7,000人
航空2,200人
宿泊22,000人
農業36,500人
漁業9,000人
飲食料品製造業34,000人
外食業53,000人
合計345,150人

特定技能制度の全体像について以下の記事でわかりやすく解説しています。

≫【わかりやすく】在留資格「特定技能」とは?【初心者へ簡単に説明】

スポンサーリンク

企業が受け入れできる上限人数

技能実習制度では外国人を雇用できる人数の上限がありましたが、特定技能制度では「介護と建設を除き」雇用できる人数に上限はありません。

特定技能の「介護分野」と「建設分野」で雇用できる上限人数は以下の通りです。

介護分野の受け入れ上限人数
事業所単位で、日本人等の常勤の介護職員の総数を超えないこと。

※日本人等には、「介護福祉士国家試験に合格したEPA介護福祉士」「介護の在留資格で在留する者」「永住者や日本人の配偶者」などの外国人従業員が含まれます。逆に、「技能実習生」「EPA介護福祉士候補者」「留学生」などの外国人従業員は含まれません。

建設分野の受け入れ上限人数
1号特定技能外国人の総数と外国人建設就労者の総数との合計が、受入機関の常勤の職員(1号特定技能外国人・技能実習生・外国人建設就労者を含まない)の総数を超えないこと。

特定技能と技能実習の違いについて以下の記事でわかりやすく解説しています。

≫【一目で分かる】特定技能と技能実習の違い【費用比較と移行職種】

スポンサーリンク

現在の許可人数

現在の許可人数は、2020年6月末時点の人数を掲載しています。

5年間の受け入れ目標345,150人に対して現在の許可人数5,950人となっており、進捗率は1.7%とかなり低り数字になっています。

業種別の許可人数

※2020年6月末時点の「職種別」許可人数は以下の通りです。

飲食料品製造業がダントツで多く、期待された外食業はコロナウイルスの影響で思ったように受け入れが進んでいません。また介護については、ベトナムでの試験がスタートしていない点が受け入れが進まない原因と考えられます。

職種許可人数
介護170人
ビルクリーニング84人
素形材産業537人
産業機械製造業561人
電気・電子情報関連産業268人
建設374人
造船・舶用工業175人
自動車整備54人
航空2人
宿泊39人
農業930人
漁業55人
飲食料品製造業2,094人
外食業607人
合計5,950人

職種別の業務内容について以下の記事でわかりやすく解説しています。

≫【最新版】特定技能の職種一覧と業務内容【追加・変更情報は随時更新】

国別の許可人数

※2020年6月末時点の「国籍・地域別」許可人数は以下の通りです。

ベトナム人技能実習生の人数が多い影響で、現状はベトナム人の受け入れが多くなっています。また、多くの職種で試験がスタートしているインドネシアやフィリピンも受け入れ人数が多くなっています。

国籍・地域許可人数
ベトナム3,500人
中国597人
インドネシア558人
フィリピン369人
ミャンマー291人
カンボジア243人
タイ177人
ネパール49人
その他166人
合計5,950人

職種別の試験情報や実施国について以下の記事でわかりやすく解説しています。

≫【全業種あり】特定技能の試験日程【申し込み公式リンクあり】

まとめ

現状の受け入れは、職種別では飲食料品製造業、国別ではベトナムが他と比べて進んでいる状況です。実際、当事務所で受けた案件でも「ベトナム人の飲食料品製造業」というセットはかなり多いです。

特定技能スタート時に期待されていた介護・建設・宿泊・外食業については、宿泊・外食はコロナウイルスの影響で、介護はベトナムでの試験未実施、建設は手続きの手間といった点で思うように受け入れが進んでいませんが、2021年度は飛躍的に受け入れが進んでくれればと期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました